FC2ブログ
風のふくまま、気のむくまま
気ままに書き綴るだけの存在
2019年元旦の旅
今年も元日乗り放題を使って日帰りしてきました。
2019年01月02日12時02分26秒
2019年01月02日12時02分25秒
まずは新大阪駅へ向かうために大阪駅へ。
P_20190101_055008.jpg
5:55分発の快速に乗ります。って、いつも仕事に行く時に乗ってる列車やん。orz
新大阪着。
P_20190101_060226.jpg
6:25発のさくらにて出発。こいつはグリーン車がとれなっかたんで指定席で。行き先は。
P_20190101_090259.jpg

本当なら太宰府天満宮へ行こうと思っていたのだが、片道一時間ほどかかるみたい。引き算すると、現地滞在時間が1時間ないくらいなので、参拝できるか怪しいので取りやめ。
事前確認一切していませんでした。

で、地下鉄に乗って隣駅の祇園へ。京都の祇園にはいったことはないけど博多の祇園には行った(意味不明)。
P_20190101_091959.jpg

ここには櫛田神社がるのでお参り。
P_20190101_092402.jpg

P_20190101_100938.jpg

この後、一駅だったので距離が知れていると思い歩いて博多へ。
目的のとんこつラーメンを食すためにウロウロ。
店を見つけて入ったけれども、本場の塩とんこつは私には合わない。油も合わなかった感じ。とんこつ醤油ならって感じ。

お土産買ってる間に列車の時間に。遠出しなくて正解だったみたい。
次の新幹線はこの切符の本領発揮。グリーン車で新山口へ。
P_20190101_112357.jpg
普段だったら乗らない乗れないグリーン車。
P_20190101_114412.jpg
新山口からは特急スーパーおきで今回の目的地、津和野へ。
P_20190101_123945.jpg
自由席は満員で指定席のデッキにも人がいるほど。指定席とっておいてよかったわ。

津和野に来た目的の一つは太鼓谷稲成神社への参拝。
P_20190101_141050.jpg
P_20190101_141116.jpg
入り口。
P_20190101_141330.jpg
由来。
P_20190101_141352.jpg
京都・伏見稲荷を連想させる階段と鳥居。
P_20190101_141408.jpg
P_20190101_141450.jpg
結構高いところまで来た気がする。
P_20190101_142009.jpg
でもまだまだ、
P_20190101_143728.jpg
で、やっと着いた。
P_20190101_142233.jpg

境内はこじんまりしていて人もそんなに多くない。

願い事をして帰路につく。山を下りてきた道を振り返る。
P_20190101_144225.jpg
P_20190101_144706.jpg
うん。山だ。

お土産を買って津和野の駅に戻る。
P_20190101_151106.jpg
で、もう一つの目的。
P_20190101_152031.jpg
見よ!この雄姿!!
P_20190101_151309.jpg
うひょ~っ。
カッコイイ。シビレル。アコガレル。
P_20190101_151333.jpg
P_20190101_153121.jpg
P_20190101_153103.jpg
車内から。
P_20190101_160313.jpg
山間部に入って気温が下がると煙も低くなるのな。
P_20190101_161826.jpg
で、湯田温泉で降りる。
P_20190101_171617.jpg
SLを見送ったんですが、出発の汽笛って近くで聞くと凄い音が大きい。響き渡るって表現を体感できたわ。脳内に響き渡り、鼓膜が破れるかと思った。いや、マジで。
そして駅から歩いて10分程度の温泉へ。
P_20190101_171626.jpg
P_20190101_181736.jpg
アルカリ性のぬるめのお湯で肌がきれいになったかがする。山登りの疲れも取れて、あとは帰るだけ。
ここでもあえて特急列車。
P_20190101_185237.jpg
新山口から新大阪までもグリーン車。
P_20190101_190208.jpg
P_20190101_190356.jpg
19:17さくらで優雅に帰ります。
家に着いたのが22:00。

おまけ。
P_20190101_152921.jpg
津和野の終電って19:35ってw。
新山口から津和野に向かう風景、津和野の街の雰囲気。地方の衰退ていうのがよくわかる景色だったわ。

あと、この切符は鉄分が多い人が良く使っているようで、何回か鉄分多めの方々の諍いを目にしました、
指定席、グリーン席で。
新年早々なにやってんだか。
そういうのがなけりゃあ完璧にいい旅路だったんですがね。
[READ MORE...]
スポンサーサイト
もう、そんな季節か
元日乗り放題切符の発売が発表された。
元日乗り放題

今年も買うつもり。
去年は今年は倉吉の三朝温泉に行って、出雲に出かけて、米子によってかえって来たんだよなぁ。

今年はSL津和野稲成号を予約してみた。切符が取れたならそっちへ。ダメだったら富山か石川にでも行くかな。
金沢はイマイチだったのでパス。

今年も新幹線乗るぞ!

大分旅行記(費用精算)
◇交通費
フェリー(さんふらわー)
12,740
JR
特急(ゆふいんの森)
別府→由布院
2,450
亀の井バス
フリー切符
1,600

◇温泉代
ひょうたん温泉(砂湯+バスタオル込み)
1,180
湯の杜泰葉
700
駅前高等温泉(バスタオル込み)
300

◇飯代(フェリー内食事代を含む)
3,500

◇お土産代
12,000

◇合計
34,470

お土産ぇ。。。

大分旅行記2
というわけで着きましたは由布院駅。
P_20180502_143115.jpg
乗ってきた列車
P_20180502_143143.jpg
駅前風景
P_20180502_143445.jpg
駅看板。なんか偉そう。
P_20180502_155959.jpg
ここからネットで探した温泉へ行くのですが。
もともとはバスで来ることを考えていたので2つほど手前の岳本というバス停で降りることを考えていたので歩かないと行けなかったりします。
駅よりタクシーで5分だったら知れてるよな(大坂市内感覚)。
そう思ってたときが私にもありました。ずっと坂なんですよねぇ。しかも上るほうの。
えんえん2kmの登坂。小雨付き。
P_20180502_144814.jpg
ここも別府tと一緒で湯けむりが見て取れんます。
P_20180502_144836.jpg
目的の立ち寄り湯
P_20180502_150008.jpg
着いたら利用者は誰もいませんでした。駅から離れているし、雨だし。ええ、一人きりです。
P_20180502_151913.jpg
湯は珍しい青湯らしいのですが、行ったときは透明でした。
とろみがあって、かなり良かったです。
風呂上りは肌の角質がなくなったみたいでした。垢すりをしたみたいに体を擦ってもキュッキュッとして垢が出ないです。
雨も止んだので歩いてゆふいん駅のほうに戻ります。
もともとは金鱗湖のみ足を延ばす予定でしたが、今からでは帰りのフェリーに間に合わないのでパス。
残り時間30分ほどでお土産を買い、バス停へ。

景色は列車よりバスからのほうがよかったです。
高原地帯を抜けていくので趣のある風景です。街中に住んでいたら見れないです。
P_20180502_164415.jpg
こんな風景の中をバスって結構なスピードで走るんです。
P_20180502_164420.jpg

P_20180502_164717.jpg

かなり靄がかかっても関係ない。スピード感抜群で抜けていきます。
走り慣れてるからでしょうねぇ。
P_20180502_170500.jpg
で、たどり着いたのは別府観光港。
P_20180502_180130.jpg
ここで、乗船手続きをした後、とり天発祥のお店に行くつもりだったけれども、混んでたらフェリーに間に合わないので大分まで来て、近くの丸亀製麺でカレーうどんを食す。
いつもの出航シーン。
P_20180502_184807.jpg
湯けむりは別府のほうが圧倒的。
P_20180502_184910.jpg

P_20180502_185010.jpg

翌朝6:30過ぎに南港着。今の現場は8:40朝礼なのでエクストーリーム出社ができる(w。

次は阿蘇か高千穂方面にでも行ってみたいかな。
大分旅行記1
今回はGWがまるまる休めるのが事前にわかってたので、またフェリーを予約。
サンフラワーの旅が結構快適で気に入ってます。
時間がかかるけれど、横になれるっていうのが腰が悪い人間にはありがたい。

列車旅は山陰ばっかり行くので、九州は船旅がメインになってきてる気がする。
四国・山陽エリアはいまいち興味が湧かないんだよなぁ。
東北エリアも行ってみたいけど先立つものと、日程を確保しないと移動だけでつぶれそう。

JRAで行けてない競馬場は中山・福島・小倉だけ。
次の青春18で小倉競馬場。。。はやめておこう。

今回は前回に行った別府で行けていない温泉エリア。
観海寺・堀田・亀川・浜脇・柴石温泉エリアに行くつもりで、大阪南港フェリー乗り場へ。

フェリーンの中でガイドブックを見て、ふと、由布院も近くね?
えぇ、フラグが立ちました。

8:00過ぎの由布院行きのバスに乗れば、9:00過ぎには着く。
12:00過ぎに出れば13:00過ぎには別府に戻ってこれる。
フェリーまでは4時間は確保できるから2か所はまわれる。

今回の工程変更です。

で、5/2早朝に別府到着観光港到着。はい、現地は雨です。雨の露天風呂も乙なものかと。

P_20180502_071609.jpg

フェリーの案内所でフリー切符を買う。別府市内と由布院まで行けるフリー切符です。
P_20180504_140440.jpg

で、8:00過ぎの由布院行きのバスに乗ります。こっから1時間程度かかりますので、睡眠タイム。。。
のはずが、後ろの人の会話に耳が反応します。
「・・・ゆふいんの森・・・」
ゆふいんの森はJR九州の観光特急です。そういえば、豪雨災害のため本来の「博多~久留米~由布院」のコースではなく、「博多~小倉~別府~由布院」のルートで現状は運行されています。

はい!ひらめきました!

JRの時刻表を調べます。

由布院発のゆふいんの森は14:45発で別府到着が15:44着。これでは、別府での滞在時間がとれない。
別府発を調べると12:10発があるじゃないですか!これだと由布院には13:22着。
16:35発のバスに乗って別府観光港に帰ってくればいいので完璧な作戦じゃないですか!

というわけで、急遽鉄輪のバス停で降ります。
鉄輪は前回にむし湯には来ていますが、ひょうたん温泉には来てなかったので、ひょうたん温泉に入って、別府に戻ることにします。
鉄輪のバス停についたのが8:30過ぎ。9:00からなのでバス停で時間を過ごします。

P_20180502_100901.jpg

砂湯初デビューです。ここはセルフで砂をかけないといけません。
犬の穴掘りみたいに少し穴を掘って体を入れて自分で砂をかけます。
じわ~っとあったまる感じでとても気持ちいいです。
サウナみたいな息苦しさはありません。

20分くらい砂に埋もれた後、温泉につかります。
雨が少し降ってましたが、露天ふろでの半身浴は気持ちいいです。
ここのゆはかすかに茶色っぽい色をしていますが、手足をつけると白く映ります。
結局、1時間近く滞在しちゃいました。

で、別府駅に11時過ぎに戻り行き切符を買います。。。
P_20180502_124755.jpg
(o゚□゚)o≪≪≪ワアァァァァァァッ!!
全席指定特急ゆふいんの森91号 満席です。
オワタ。。。カンペキナケイカクガ。。。○| ̄|_

由布院行きのバスは12:40分までない。
仕方がない少しは早い昼飯にします。
いくつか見繕っていた店をまわると、行列、準備中、行列、準備中、準備中。。。。
適当な店でとり天を食べます。
肉に下味がついてなかった。。。からしポン酢で食べるみたい。。。
ポン酢が酸味が強くて、てんぷらの油っこさを感じさせなくておいしかったです。

そのあと時間があると思って近くの温泉へ。
駅近くの駅前高等温泉です。
別府温泉はどこもこんな感じです。
P_20180502_122202.jpg
温泉はあつ湯とぬる湯とありますが、別府の温泉のあつ湯は地元の人じゃないとつらいくらいあついことが多いんでぬる湯に。
ここでも気持ちよすぎてゆっくりしすぎました。温泉を出て時間を見ると12:45。
バスの時間は12:40.
(ノ_<)
まさにアチャー。
いや湯はぬるめでよかったんですが。

駅に戻り次のバスと列車の時刻を調べます。
バス 13:15発
JR ゆふいんの森93号 13:33発

こういう時は再チャレンジです。
P_20180502_135518.jpg
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

無事取れました。
正義は勝つんです。
そのかわり向こうでの時間が若干タイトになりましたが。

駅で撮り鉄でもします。
博多行きソニック
P_20180502_132054.jpg
大分行きソニック
P_20180502_132618.jpg
駅より山側
P_20180502_132112.jpg
P_20180502_132121.jpg
あっちこっちから湯けむりが立ち込めています。

でついに来ました。
ゆふいんの森
P_20180502_133158.jpg
P_20180502_133204.jpg
これに乗って由布院まで行きます。